move to Top Page


一、教材を読む
二、立案の工夫
三、立案のための読み
 ○文章の長さ
 ○一単位時間
 ○資料の活用
 ○作者の意図
 ○一読後の感想
 ○登場人物
 ○教材

四、教式について


第一次指導
第二次指導
第三次指導

跋・あとがき